FC2ブログ

上級者向け(笑)温泉と美味しいお蕎麦

登山後のお楽しみ・ご褒美は、やっぱ温泉と美味しい蕎麦
やっぱ、これはセットだよねぇ~
山には温泉があり
自然豊かな水のキレイな山奥には、美味しい蕎麦屋さん


茶臼岳に行く通り道にある〈鹿の湯〉
川沿いに入っていくんだけど、川の水がもう、硫黄っす

硫黄の匂いがプンプンしてる
こりゃぁ~タダモノじゃない


看板だけシャレてるが、建物の佇まいは迫力満点
30年、50年…そんなレベルじゃ出ませんよ~この迫力は

HPによれば、建物は明治。玄関は大正…どうりで…


中も、想像を裏切らない、この歴史を感じる迫力

古いのにピカピカに掃除が行き届き、お寺みたい
素晴らしい


渡り廊下みたいな下は、さきほどの川が流れていて~

硫黄臭さのレベルが違う
濃い!これは濃いぃぞ~



想像を裏切らない、素晴らしい建物に魅了されたが
風呂に行くと、想像をひっくり返された(もちろんイイ意味で
(お風呂の中を写真を撮るワケにいかないので、ネットから拝借~)

そうきたか…
脱衣所直結で大迫力の湯舟が見渡せる。野沢温泉の外湯とかの感じか

この空間に踏み込んだ瞬間、まさにこの写真のような景色。
写真のような“温泉プロ”とおぼしき、ジジィ達の「ジロリ…」という視線を感じたような…?
サーフィンで知らないポイントに行って、ローカル(地元)のヤツらに
「だれ?」みたいにジロリと見られる…みたいな感じに似てる

一瞬の出来事ですが~「若造か…やれんのか…?」と、
品定めされているような…


そんな視線にひるまず、“しきたり”にしたがってかけ湯をして~
湯舟に入る。洗い場はありません。浸かるだけ。


そして、あの視線の意味がわかった…(?
湯舟は6つ。手前から41℃、42℃、43℃、44℃、
そして奥の2つは、46℃、48℃!!!
死ぬぞ…?ジジィ達…

さすがに48℃に入ってる人は見れなかったが、
46℃にジ~っと浸かって、瞑想(?)しているジジイが数人…
マジか…人間、鍛錬すれば46℃にヘイキで入っていられるのか…
48℃も、やっぱ入るジジィはいるんだろう…

ワタシは41℃で「あぁぁキモチイイ…」
ちょっとチャレンジ!42℃で「おお!キモチイイけど、ちょっと熱いな…」
43℃…?もういいや…

う~む…完敗ですジジィをちょっとリスペクト…
46℃とかありえねーし…
48℃とか…煮えちゃうよ…

しかし、お湯はサイコーーでした
なんか、効いてる!!!!って気がビンビンするお湯で~
脚の疲れが吹っ飛びました!マジで

この温泉だけ目的でココまで来ても、ぜんぜんアリです



そして、ネットで検索して見つけた蕎麦屋に向かう。
知らなきゃ入って行かないような細い山道の奥に、ポツンと

こんなわかりづらい所に、続々とお客が入って来る。
ネットの力はすごいな…



古民家をキレイにリノベーションした、シャレたお蕎麦屋さん
蕎麦処 こなす

和風かと思いきや、ジャズが流れて
ご主人のセンスの良さがうかがえる


こんなの、ウチにも欲しいなぁ~…



お蕎麦はすごく美味しかった
2人前頼んどけばよかった…

おかわりしたかったけど、夫婦2人でやっていて
女将さんが忙しくて大変そうだったし、
待ってる人もいたのでやめといた…

女将さんのお人柄もすばらしく、同じ「商売」をする人間として
とても尊敬できる、勉強になるお店でした


そんなお山からの温泉・お蕎麦。

山は楽しいな。
次はいつ行けるかな…






スポンサーサイト



キャンプ・登山・アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/10/25 20:13

その3・“主役”茶臼岳はカッコイイ

2つのピークをゲットし、腹ごしらえが終わったら次へ進みます

“メイン”と言っていい「茶臼岳」へ。
IMG_0051.jpg
こちら側はロープウエイとは反対側から登るような感じになりますね。



またもザックリした図でいうと。
fc2blog_2020102309020424f.jpg
ラーメン食った避難小屋から、茶臼岳山頂へ。
むこう側へ下りて、茶臼の裏側をぐるり1週して、避難小屋に出て
駐車場まで下山してゴール
遠回り・回り道のお散歩ルート



団体さんに足止め食わないように、急いで抜かしちゃいます
IMG_0052.jpg
なんてことをすると、ペースを乱してハァハァいっちゃうので…
あまりいい方法ではありません…



なかなかの急斜面が続きます
IMG_0053.jpg
火山だねぇ~岩がゴロゴロ




そこそこ上がってきて見下ろすと
IMG_0055.jpg
紅葉がキレイ
下の方は見ごろだったかな。



だいぶ上がったところで、火口が見えてきた
IMG_0056.jpg
やっぱ他の2つの山より迫力があるねぇ~



岩でゴロゴロ。
IMG_0058.jpg
この辺に来ると、ロープウエイで上がって来た観光客とごちゃ混ぜになる
こんな険しい岩々したところに、スニーカーと普段着の人がいっぱいいるのがオモシロい



さっき2度目の朝食を食べた避難小屋が、あんなに小さく見える
IMG_0059.jpg


もうちょっと…
IMG_0061.jpg
さすがに暗いうちから歩きどおしで、疲れて来た…


着いた~最後の目的地・「茶臼岳」山頂
IMG_0063.jpg
やっぱここが一番カッコイイ
ちょっと祠の周りの落書きがいただけないが…



荒々しく岩がゴツゴツの山頂で、「来たなぁ~」って満足感はっブッチギリです
IMG_0068.jpg
ココで一応の“ミッション”完了。



紅葉がキレイです
IMG_0070.jpg
ココの山頂はゴツゴツ過ぎて、のんびりご飯食べるような雰囲気じゃないね。
ロープウエイからお手軽に登って来た人で混みあうし…




サクッと写真撮ったら、退散します
fc2blog_20201022161717997.jpg
反対側へ下りて行きます。
こっちにロープウエイ乗り場もあります。
1200円払ってラクチンで車までワープも出来ます…


しっかし…でっけぇ岩…
IMG_0072.jpg
噴火して、あんなの飛んでくるのか~
すげぇな…



紅葉を眺めながら~
IMG_0075.jpg


ココで、ロープウエイに乗ればスイ~っと車まで戻れるが…
IMG_0076.jpg
ここはやはり。「遠回り」を選ぶ



茶臼岳の裏側をぐるりお散歩して、避難小屋まで戻る。
fc2blog_202010221627119ed.jpg
せっかくだしねぇ。
裏側からケムリ出てたし…見て帰らねば~



茶臼岳の真裏あたりに回り込むと~
IMG_0079.jpg
モクモクとケムリが出てる。
カッケェェーーー



ココから出てるのか~
IMG_0082.jpg
水蒸気みたい。
地下水がマグマで温められ…ってことか。



なるほど。「地獄」っぽい
IMG_0085.jpg
硫黄の黄色や鉄分(?)の赤色など、カラフルな感じになってます



ロープウエイに乗れば10分くらいで帰れただろうけど~
IMG_0087.jpg
回り道でまた1時間以上歩くことに…



まぁ、こんなキレイな紅葉を見ながら~
IMG_0091.jpg

IMG_0092.jpg
行きでココを通った時は、真っ暗闇で何も見えなかったので~
こんなキレイとは…見えなかった


サクサク下って戻ってきました
IMG_0093.jpg
入り口にこんな鳥居があったのも知らんかった…
真っ暗闇だったから


戻ってちょうど昼くらい。
あれだけ空いてた駐車場も、満車になってた
IMG_0094.jpg
紅葉時期は特に人気の山だからねぇ~

一昨年、家族で山頂までロープウエイで~…って、連れてきたが
ギチギチの満車で停められず、何もせず帰った…
家族はいないが、2年越しのリベンジでもありました



茶臼岳のロープウエイに乗れば、9合目までワープできるので
軽装でも山頂まで行けちゃいます
が、ロープウエイ下り場~山頂までは、まぁまぁ険しい岩場なので。
スニーカーで行けなくもないが、トレッキングシューズくらいあったほうが安心デス

なかなかのイイ山でした


あとは、お楽しみの温泉と蕎麦デス


温泉・お蕎麦へ→


キャンプ・登山・アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/10/24 19:31

その2・荒々しい山肌と、気持ちのいい稜線歩き

一つ目のピーク朝日岳で“日の出ショー”を眺めたら、次へ行きます。

ふり向くと、さっきまでいた朝日岳。
なかなかカッコイイ山だな
IMG_0015.jpg
今回初めて知ったような山ですが…
今までワタシ、「那須岳」=「茶臼岳」って認識でしたので~…



「朝日を見る」ミッションを終えたら、そこから奥に進み三本槍岳へ。
fc2blog_20201022125830f4d.jpg
また来た道を戻り、避難小屋まで戻って来る。




朝日岳を下りて、稜線をつたって奥へ進む。
茶臼岳とは反対方面なので、こちらに向かう人は少ないような。
まぁ、時間もまだ朝6時過ぎ…
IMG_0017.jpg
ここからいったん下って、また登り返す。
下には池塘…?水たまり??みたいのがある



地面は霜柱が立ち、熊笹も霜をかぶって
IMG_0018.jpg
もう、どっちかというと冬っぽい景色…
もうそんな時期なんですねぇ~



若干凍りぎみの木道を、慎重に歩き~
fc2blog_2020102208421142c.jpg
ホント寒いんだけど、歩いてると丁度良い。
まぁ、ジャケットの下はフリースにダウンベスト。
それが汗でビチョビチョ…みたいな複雑な感じ…



2番目の目的地が見えてきた
IMG_0020.jpg
いったん下って、また登る…
やや精神的にダメージがあるパターン



さぁ、登り返し。
あとちょっと。
IMG_0021.jpg
それにしても、「那須岳」の中で最高峰なんだけど
のっぺりしてて、荒々しいワケでもなく…
「おお!キタぜ!」とか、「行ったるかぁ~」みたいな感情が湧きにくい…




ハイマツとクマザサの中、地味~な上り坂…
IMG_0022.jpg
あれ?着いた?
着いたみたいよ?…みたいな




「三本槍岳」到着1917m。
(国土地理院の地図では1916.9m…10cmサバよんでる?
IMG_0027.jpg
またココも風が抜けて寒い!!
厚着して、フードまでかぶって風をよけるが、
ジワジワと体が冷やされる


ココが「那須岳」の中で一番高いところなので、「主峰」なんでしょうか…?
標高は茶臼岳と約2mしか違わないけど…?
でも、この地味さ加減と、アクセスの悪さを考えると
2mの差よりも、荒々しく煙も上がってカッコイイ「茶臼岳」の方が“主峰”って感じ…?



まぁ、ココはココで。
360℃ぐるりと、遮るものなく見渡せる
IMG_0025.jpg
のっぺりした台形の山頂なので、お弁当食べるにもイイかもね。




福島方面、山形方面、栃木の西側…眺めは良い
IMG_0026.jpg
むこうに雲海が。
あの下は曇り?雨かな?


ココでまだ朝8時くらい。朝4時前に朝飯食ってるので腹減った…
山頂でラーメンでも…と思ってたが、寒くて寒くて…

チョコレートをカジりながら、イソイソと退散…



来た道を戻り、むこうに見える朝日岳を通過して
そのむこうの茶臼岳を目指す。
IMG_0030.jpg
この水たまりみたいな湿原も、なかなかイイもんだ




ワタシのカメラのウデがダメなので表現出来てませんが~
時期が過ぎてはいるが、紅葉がまだキレイ
IMG_0032.jpg
山の下の方が見ごろになってるのかな。



稜線を歩いて、また最初の朝日岳まで戻って来た。
IMG_0033.jpg
案外、お天気はもちそうだ



ここからまた、稜線歩きで奥の茶臼岳のてっぺんへ~
IMG_0037.jpg
まぁまぁの距離。
おなかすいた…





9時近くなって、人も増えてきた。
IMG_0038.jpg
早朝は“貸し切り”だった朝日岳山頂も、人が“密”になってます



両側が切れ落ちてるような、イイ~感じの稜線歩き
fc2blog_20201022123919196.jpg
来た道、行く道がはるか先まで見えて、目的地まで…
こういうのが、ワタシの登山で一番気持ちのイイ瞬間




朝、通った時は暗かったし、日の出に間に合わせようと大急ぎだった
明るくなってよく見れば、すごい岩だねぇ~
IMG_0040.jpg


あぶない!ってほどではないが、なかなかのスリルが味わえる
IMG_0043.jpg

IMG_0042.jpg
落ちないけど、落ちたらタイヘン~



IMG_0045.jpg
自然のパワーだねぇデッカイ



最初の分岐・避難小屋まで戻って来た。
IMG_0049.jpg
けっこう人も増えてきて。
団体さんなんかもゾロゾロ歩いて来たり。



ココでようやく腹ごしらえ。
昼飯…?いや、まだ9時台だから2度目の朝食…
IMG_0050.jpg
最近のワタシの山でのご飯はコレカップヌードル・カレー
普通のラーメンは、汁を飲むのは「体に悪い…?」とか思っちゃうが
これなら「カレー」だから!!(え?変わらない?

山で汁などを捨てるのはマナー違反ですので
汁まで飲み干せる「カレー」がGoodなんです



ラーメン食って元気も出たところで
IMG_0051.jpg
3つ目!“主役”の「茶臼岳」を目指しましょう



長くなったので。
茶臼岳へ…つづく…






キャンプ・登山・アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/10/23 10:21

那須岳で日の出をゲットせよ

月曜日。定休日
1年ぶりの登山を計画

雪の積もり具合や天候など、イロイロ考慮し
この日の登山は、百名山。栃木県・那須岳に決定


日曜日の仕事を終えてから、急いで支度
コレが「忘れ物」と「準備忘れ」の原因…
後に困ることになる



深夜1時半。登山口の駐車場に到着

2時間ほど寝てからおにぎりかき込んで
早朝4時半に出発~山頂で日の出を拝もうって計画
しかし…真っ暗も真っ暗…なんも見えない

ヘッドランプの明かりが頼り…と…
これは同行の仲間のランプで…



ワタシのヘッドランプは、なぜかホタルの光のように…
ボンヤリ光るだけで、足元すらよく見えない…

おかしいな…来る時電池入れ替えたハズが…
新品電池と思ってたヤツが、使い古しだったのか…

イキナリ出発から大失敗…
単独登山だったら出発できんかった…



仲間のライトの明かりを頼りに、接近して歩く
おお。なんか「登山口」って書いてある…
IMG_9995.jpg
ホント、なんも見えない。
同行の仲間が来たことある人なので、まだ何とかなるが…




この山はロープウエイを使って、お手軽に登ることも出来るが~
特別な営業日以外は、こんな早く動いてませんので…
歩いて黙々と登ります。
景色が見えないから、よそ見するでもなく…ひたすら登る

ふり向いたら後ろの空が赤くなってきた!!
やべーー太陽来てるぞ!!



登り始めて30分くらいか…
ジワジワと太陽の光が…

出来れば山頂でお日様の上がる所を見たいよねぇ…
急げ~~~



稜線が見えてきた
山がちょっと赤く染まり始める

まだこれでもけっこう暗いんだけど。
一眼レフだと(操作がわかってないので)暗すぎてシャッターが切れない
スマホの“バカチョンカメラ”の方が頼りになる




コースタイムだと50分とあるが、30~40分で登って来た
稜線に出たところで、避難小屋もある。
ここで三脚とカメラをセットして待ち構えてる人も数人…

茶臼岳と朝日岳の間にある分岐。
まずは朝日を見るために、名前の通りの朝日岳山頂を目指す。

「百名山」の「那須岳」と言っても、「那須岳」という山は無い。
この辺一帯の山の総称で、一番メジャーな「茶臼岳」
これから向かう「朝日岳」、標高が一番高い「三本槍岳」
この辺を総称して「那須岳」と言うらしい。


今回はその三山をぐるりと制覇する計画
ザックリと図にすると、こんな感じ。
fc2blog_20201021180651d84.jpg
まずは駐車場から茶臼岳のどてっ腹を登って、稜線に出たら
裏から回り込んで朝日岳へ。



明るくなるのに追い立てられるように、まぁまぁ険しい道を進み
朝日岳の根元まで来た

空がだいぶ明るくなったが、まだ太陽の姿は見えない。
あの先っぽのトンガリまで急げ~

大急ぎで、息を切らして登る
本来、呼吸を乱すほどムリをすると、後々バテるのでNGなんですが~



間に合った~
到着した時は、まだ丸いものは見えず、1~2分したら太陽が顔を出した

ドンピシャ!ピッタリ!
1時間半かからずにココまで来た
参考コースタイムが2時間くらいだから、かなり頑張ったな…



お隣りには「茶臼岳」が見えます。
アレは最後に行きます

あっちもだんだん色づいてくる



おお!!!キタキタキタ~~~
しっかし~…寒っっ…
手持ちの温度計は2℃さらに風もあるので、体感は氷点下か…?

と、ココでまたもトラブル
あまりにも寒いせいか、ワタシの(だいぶヘタった)スマホがシャットダウン!!
わずか1時間半で、電池がほぼ「0」になってる~~
しかも!予備バッテリーも忘れた!!!



おもわぬ「スマホ死んだ上に予備電源忘れ」で、写真が撮れない…
が、陽が出始めて、ちょっと明るくなったので一眼レフが撮れるようになった
IMG_0003.jpg
おお~~太陽キレイ…
寒い…
スマホ死んだ…
予備バッテリー忘れた…
いろいろタイヘン…



陽が昇ってくるとそれに照らされた山が真っ赤になってくる

これがまたキレイで



これが「モルゲンロート」ってヤツですかね~

美しい



紅葉の赤と、モルゲンロートの赤
IMG_0006.jpg

IMG_0012.jpg
紅葉のピークは1週間ほど前っぽかったが、
まだそこそこ紅葉が見える



太陽が上がって、輝きを増す
IMG_0010.jpg


茶臼岳も赤く染まってきた



ずっと見ていたいが~
寒いし…
IMG_0013.jpg
山頂を下りて、次へ向かいましょう。


お日様が昇って~
IMG_0014.jpg
幻想的な「モルゲンロート」が終わり


普通の「朝」になりました
IMG_0015.jpg
天気が心配だったが、来てみればサイコーの天気
このあと曇って来るので、早めに次へ進みます。

あと2つ。
ピークをゲットします

その2・三本槍岳へ
つづく・・・




キャンプ・登山・アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/10/21 18:53

山に行ってみようかね

一年ぶりの登山を計画したのですが~
お天気がさえない…

二週間ほど前からイロイロと考えはじめ~
もう何度も、何年にも渡って計画するも…
天候などで断念してきた北アルプスの常念岳へ!
と思てたが…



この週末で雪が降っちゃったようで~
ちょっと前まで「紅葉がサイコー」みたいな話が満載だったのに…

(左上)常念岳の山小屋…寒そ…
(右上)福島・安達太良山…東北の方がいくらか天候が良さげ…って、降ってるよ
(左下)お手軽に谷川岳…って、こっちも降ったようだし…
(右下)ならばちょっと南下して、栃木の日光白根…ってこっちも白くなってるのね…


ほんの1週間…2~3日で、すっかり様子が変わってしまうんですねぇ~
雪山に行くほど、根性もスキルもありませんので
安全第一で


まぁ、どうなるかわかりませんが。
天候もイマイチですが。
あまり厳しくない所に行ってきます


イイ景色がちょっとでも見れたら…
いいなぁ~~




キャンプ・登山・アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/10/18 18:47
 | HOME | Next »