FC2ブログ

その2・”会津”を縦断3時間!二日で760kmドライブ

1日目のスキーからのつづき・・・

たかつえスキー場のホテルに宿泊し、2日目の朝
天気は雨だが、予報では回復傾向・・・なハズ・・・
昨日昼寝ばっかだった子供らを、ガンガン滑らせねば


と、その前に・・・
カンタと二人で、男同士の朝風呂

朝イチバンかな~
カンタも温泉で朝風呂の良さがわかったかなぁ~
ヤツは「だれもいないから泳げる~♪」って喜んでたけど



2日目は、あえてちがうスキー場に移動。
もう一つ気になるスキー場へ


たかつえから、車で40分奥へ
高畑スキー場へ移動。
ワタシはコブが好き。子供達は緩いコース。
ワタシも楽しく、子供達も楽しいスキー場を探しているのデス


朝から続く雨は、止む気配がない・・・
スキー場に辿り着いたものの、駐車場の除雪が不十分で
ツルツル、ザクザク、グシャグシャ・・・

ウチのスタッドレスは、前日なんてことない坂道で進めなくなった
終わってるスタッドレス・・・
前日の道の真ん中で立ち往生・・・の悪夢がよぎり

雨も止まねぇし、車はもぐっちゃいそうだし・・・
ムリしてやってもな・・・今日はヤメ!
せっかくこんな山奥まで来てもったいないが・・・
雨の中滑るのすっごいシンドイの、ワタシ知ってますので




そこで・・・
ココは福島県。
ワタシのばあちゃんの家も福島県。

ココは「南会津」
ばあちゃん家は「会津若松」から20~30分

同じ”会津”。
「もう、何年も行ってないし。ちょっと寄って帰るべ」
と、軽い気持ちでナビ検索・・・

100km・2時間・・・・??同じ”会津”だろ・・・?なんだ?このナビあほか?
(千葉市内→千葉市内の移動くらいに思ってる
そんなにかかるワケねーべ行くぜ~
20180111b.png

って、「2時間」は、山道を突き抜けての所要時間
行ってみたら、道が雪で埋もれて途切れ・・・

国道に戻り・・・タップリ3時間かかりました
そこまでかかるとは・・・
ナビさん正しかった・・・



「南会津」は、蕎麦が有名なんですかね。
美味しそうな蕎麦屋さんがいっぱい
蕎麦が大好きなもので。

ちょうどお昼時
メッチャうまかったし、お値段も良心的
都会でウマイ蕎麦なんて食ったら、お会計が心配で食っていられないっす・・・



福島のイナカ道をトコトコと・・・
田んぼ?畑?すべて雪で埋め尽くされ、真っ白な景色。
そこに突如、虹が!!

実際は、もう少しハッキリ見えたんだけど
雨も悪いことばかりじゃない



会津若松に入ると、蔵とか、味のある建物が・・・

会津若松駅付近で渋滞に巻き込まれ・・・


おぼろげなバアちゃん家の記憶と、ザックリしたナビの案内・・・
ウロウロと道を間違えつつ・・・

着いた!ばあちゃんの家!
あ~~懐かしい
子供の頃、正月や夏なんかに毎年来てた


この辺は景色も全然変わらない~

ほとんどワタシの子供の頃のまま

なかなかここまでくる機会が無く、前回来たのは
このブログをさかのぼって・・・(長くやってると便利だな

2009年じいちゃんが亡くなった時

その後、→2010年じいちゃんの一周忌に「喜多方ラーメンバーガー」を食いに行ったときか・・・


その時、こんなだった子供達が・・・
100420c.jpg
(寝そべってるカンタ1歳くらいか?

こんなんなってしまうほど来てなかった・・・ごめんねばあちゃん

すでに身長はばあちゃんを抜き、体重は言うまでもない


ムスメもこんど中学生。
あんなチンチクリンだったのに・・・

ワタシも子供の頃、ココでよく写真を撮った覚えが・・・
全てが懐かしく~


隣にお稲荷さんと、お寺



ここでよく野球やったっけなぁ~

そして、お寺の名前はコレ・・・

今でも思うが、子供の頃はもっと、
ジャッキーチェンとか、そのへんと関係あるんかな?と不思議だった


いつも美味しい蕎麦を打ってくれた、じいちゃんにご挨拶も出来て



このあいだ90歳になったばあちゃんは、驚くほど元気だ


子供の頃の会話が、いまも頭に残ってて~
「カズくんが大きくなったら、お父さんはいいから(笑)カズくんだけ来な」
「えー?ムリだよー車乗れないし、道がわからない」

「そうしたらその頃には、逆にバアちゃんがお年玉もらわないと~」(笑笑)
「えー!?ぼくお金もってないよー

なんて会話
大人になって、ちょっと意味がわかり~

父抜きでも、福島まで行けるようになり
20代、30代の頃はビンボーで(今もだけど)「お年玉」までは渡せなかったが~
今、だいぶオッサンになったので少しだけ”お年玉”も渡せた

子供の頃のあの記憶を、ようやく実行できたちょっとした嬉しさがある



ばあちゃん家に居たのは1時間ほど。
今度は、千葉まで帰る

ホテル~スキー場~ばあちゃん家~自分の家
ほとんど車に乗って移動し続けた一日

帰りの磐越道は、前が見えないほどの横殴りの雪
家まで4時間



2日目は、ホテルを10時出発~自宅に帰還したのが20時。
途中、ばあちゃん家で1時間、あとはコンビニなどに寄っただけ。

ず~~~~~~っと8~9時間ドライブしてた
子供達も「飽きた~」って言ってた


まぁ、アイツらばあちゃん家~自宅近くまで
4時間寝っぱなしでしたが



そんなスキーの2日間。
2日間の移動距離は760km!
我ながらよく頑張った


スポンサーサイト



SURF&SNOW | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/01/11 16:14

スキーへ。福島の山奥へ

この月、火の連休
子供達は冬休み今年は、やたら雪の降りがイイし
ハリキってスキーに行きました


ここ数年は長野に行ってたが、新たにお気に入りスキー場を開拓するべく~
初めて訪れる会津高原たかつえスキー場

このエリアは、栃木と福島の境目あたり。
千葉から直線距離でいえば近いのですが~・・・
高速道路下りてから、山道を1時間半ほど行く便の悪さで
時間はかかります・・・(だからこのエリアは、あまり行かなかった)

まぁ、行ってみたら~・・・
楽ではないが・・・まぁ、行けなくはない(4時間くらい)

駐車場寸前でスタッドレスタイヤが寿命を迎えたか(?)
ちょっとの凍った坂道で、カラ回りして進めず
ズルズルとナナメに道を塞いでメイワクをかけ
軽く一波乱

ムリヤリ上って
イェ~~って、ハイタッチ
スタッドレス買おう・・・


さっそくリフトに乗って~
いつものように、動物の足跡を探しながら~

初めてのスキー場は、勝手がわからず・・・
下りたところは、中級コース・・・


今季一発目で、感覚を忘れてる子供達。
ねーちゃんは下りるくらいは出来るが~
ビビリ屋カンタは、いつも通り「コワイ」の連呼

「あるいて下りる~」と、フラフラ歩いて・・・
ビビらなきゃ下りれるくらいの技量はあるんだけどなぁ~・・・
やっぱ、スポーツは「メンタル」ですよねぇ~




初級コースなら、まぁ楽しんで滑れるようだ・・・

もちろん、ムリさせるつもりも無いんだけど
ちょっとそこまで急なだけ…あとはユルいから!って、
”そこまで”がコワイんだよね~
わからなくもない


コケたり、モタモタしたりで、2本くらい滑っただけでお昼の時間・・・
野球チームの体力強化練習が続いてるのもあり
すでにダルそうなカンタくん

付き合わされてるヨメもお疲れな様子で、全員爆睡TIME
運転で疲れて、ウカツなことにワタシも寝てたが

ハッ!!!っと起きて
イカン!!チャンスや!!!
アイツらが寝てれば、ヘタクソな子供の世話から”解放”される時間

急げ~まずは頂上を目指し、オモシロそうなコースを探す
頂上近くには、久々に見た一人乗りリフト

なつかし~~
初めてスキー行った時、こういうの乗ってコワかったっけなぁ~
やっぱ高さもあると、今でも心の奥にキンチョー感が



頂上まで行くと、晴れたり曇ったり・・・
ちょっとうす暗いが、360度山、山、山・・・

自分がどっち向いてるのか、どっちが北?って感じで
どこがナニ山だかもわからんが~・・・
美しいそして、自然はデッカイ



あの様子じゃ、当分起きないだろ・・・
存分に滑って全コースを把握し、目的のコブのコースもチェック

予報は雨だったが、意外にもったなぁ~
晴れ間ものぞいて、雪質もサイコーだし


見つけたコブコブ
モーグルの練習してる~
選手かな?キレイ~にバックフリップして
「まだ違う!」とばかりに注意されてるあんなにカッコイイのにね

イイ所見つけ!!
ここ数年、スキーは1月に1度行くだけになってた。
毎年1月では、雪が少なくコブが無かった・・・

3年ぶりにコブが滑れる
楽しい
もう年1回じゃ、上達はしないが・・・楽しい

年末から引きずってる、腰痛も忘れ~
コブだけを延々ループ
(結果、夜腰痛が悪化



リフトもそろそろ終わりそうな、夕方近くになって
「子供たちが滑るって~」っと連絡が入り…
楽しいコブ練習は終了・・・(2時間ほどで腰も限界が…

最後に、ビビリカンタも安心の初級コースをチンタラ流し
まぁ、明日もあると、終了。

この日は宿泊して、翌日こそガンガン滑らせましょう~

え?学校?
翌日は始業式が・・・?

大丈夫です。親公認デス
いつものように、学校へはコピーロボットを行かせましょう・・・

ということで、バタバタの2日目へつづく・・・



SURF&SNOW | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/01/10 15:06

後編・カンタはムテキ

前編からのつづき

ログハウスの朝
前日、グータラの子供たちのおかげで滑りまくれたせいで・・・
体がバキバキ

前日、高熱が出てたハズのカンタが
「ぱぱ!どうぶつの足跡があるよ!!」と、
バタバタと起こしに来た

うるせぇな・・・アイツ風邪じゃないんかい


クソ寒いのに、足跡を見に行きました
「ウサギかな?何?何の足跡??」

「猫っぽいけどな・・・」こんな寒いのにネコいるかな・・・?
(のちにネコがウロウロしてて、犯人判明

って、カンちゃん・・・一晩でもう風邪治っちゃったのね…
薬も飲んでなきゃ、何もしてないのに・・・
すげぇ抵抗力ダテに太ってない!



ブッ太いつららゲット

ほれ、構えろ~
って、持たせたら「冷たい!!冷たい!!!」って怒ってました



二日目も、お天気はサイコー
寒いけど、一日目よりだいぶマシ。山頂で‐2℃。

前日の子供たちの”ヤル気の無さ”に、
二日目はどうなるやら・・・と思ったが、朝からガンガン滑る子供たち



カンタもこのポーズが出たら、ヤル気マンマンです

スキージャンプの加速していくイメージ
手のひらがソックリ返ってるところがカワイくて好き



リフトに乗ると、ず~っと動物の足跡を探し推理しています

ウサギが?いやタヌキっぽい爪の形・・・あっちはシカ?・・・
あれはデカイからクマだ!・・・いやいや人間でしょ・・・UFOかもよ・・・

普段ゲームとYoutube漬けの子供たちですから・・・
ちょっと”浄化”しないといけません



長野といえば蕎麦です

蕎麦好きの男チーム
長野まで来てオムライスだの、チャーハンだの食ってる女チーム



スキー場の蕎麦なのに、手打ちの本格的な感じ。
美味しい

この、ちょっとだけ不揃いな感じが、
反射的に「美味しいゾこれは!」と思っちゃうポイント
昔、よくジィちゃんが蕎麦打ってくれたのを思い出しちゃうんだな~



一日目とはうって変わって、いっぱい滑る子供たち

一日目がグダグダだったから、レンタル借りるのやめようかと思ったけど
二日目は”モト”とったかな



さすがに昼過ぎまで滑って、子供たちが飽きてきたところで・・・

チャンス!とワタシ一人旅~
山の木々が白くなって、まさに「雪化粧」って感じ



寒いとホント景色が澄んでいてキレイ

スマホのカメラじゃ、うまく伝わらない美しさ


昨日キラッキラだったコースも、この日はもっとキッラッキラッキラ

舞ってる雪が、ちょうどイイ角度で太陽に照らされるんだな~
山はいいなぁ~。



下に降りてくると、ソリで遊んでるヤツら。
まぁ、スキーばっかやっててもね。楽しく遊ぶのが上手になる近道

食いしん坊は雪を食う。赤ん坊の頃からずっと同じ
シロップ持ってくれば食い放題だ



危機一髪(?)。何気にカンタはコントロールがよい。

なぜかiphoneの「スロー」撮影


ココでもカンタ、安定のコントロール。
的確にイヤなところに命中させる

マジメに野球やればいいのに・・・
(これも何故かスーパースロー



天使をつくってます

雪は楽しい。




スキー場をあとにし、シメは温泉

そして、最後の”お楽しみ”
また蕎麦!

おとこチームは、ひたすら蕎麦です
ココの温泉施設の蕎麦が、けっこうウマイ

ああ~長野で蕎麦食い歩きとかしたい・・・


そんな、極寒‐10℃や、カンタの風邪やら・・・・たいへんでしたが
楽しいスキーの2日間でした


今になって、ムスメが風邪で寝込んでいます
カンタにうつされたのか?そんなに過酷だったのか・・・?



SURF&SNOW | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/01/19 19:00

イロイロありすぎた2017スキー

この月・火の休みで、スキーに行ってきた
いつものブランシュたかやまスキー場に一泊で



宿泊は、これまたいつものフォレストたかやまのログハウス
だいたいこのパターン

早朝5時に家を出発 朝9時過ぎには着いた。
ログハウスが空いていたので、朝から部屋を使わせてもらえた



ココは何回も来てるから、なんか落ち着くわ~
部屋で、しばしマッタリ。

それにしても寒い!つららもスゲェことになってる

いつまでもマッタリしていられない。
子供たちも「はやくスキー場に行こう!」と・・・



まぁ、2日間ある。
のんびりとゲレンデへ。
しっかし・・・寒い!寒い!寒い!!

数日前から、スゴイ寒波が来ていて長野など山沿いはずっと大雪
ココも積雪量は少ないながら、サラサラの雪がいっぱい!



リフトで上へ行くと、寒さは加速度的にキビシくなり
よせばイイのに「せっかくだから」と、イキナリ山頂まで全員連れてったら~

「さむい~~」と、タイヘンなことに
ワタシの「ちゃんとした」手袋でも、手がシビレてくるほど寒いのに、
子供たちの(すぐ入らなくなるから)安物の手袋では、
「指がちぎれる~」ってほどの、尋常ではない寒さ



なるほど、後で山頂付近の温度計見たら

‐10℃とな!
どおりで寒いわけだ


1本滑って「寒いし、昼飯だ~」と逃げ込むと

座敷にあったコタツに入って、蕎麦食って
みんなもう、外に出る気力ナシ

おいおい・・・リフト券も買って、子供たちは道具のレンタル代もかかってる・・・
もったいねぇから、もっとやれよな~・・・



だが、アイツらがあの状態なら・・・
子供たちのサポートから解放~オレ!自由じゃん!!

‐10℃は、ワタシもシンドイが・・・一人で気兼ねなく滑れる~
雲に隠れてるが、あっちがこのあいだ登った八ヶ岳



山頂スキー地蔵の後ろは、車山高原、美ヶ原高原とか。

振り返ると北アルプスなんかも見えるはず。
たぶん、アチラは大雪なのか、厚い雲がかぶってる
寒い!寒い!!



気を張ってないと、寒さに負けてしまいそう(ワタシ相当な寒がり

だけど、寒さがまた、景色を極上にしてくれてる感じ
iphoneの写真じゃつたわらない、神秘的な風景



ワタシの好きなコブコブのコースは、まだ閉鎖してたので、
いつもと違うコースを・・・いつもと違う、見たことない景色

振り向くと、舞ってる雪が太陽に照らされてキラッキラ
まだ、あまり人が滑ってないのか、
スネくらいのパウダーで、た~~のしぃ~~
寒い!


いつもコブ斜面しか滑らないが、久々にフラットの急斜面が楽しく
ちょっとワタシなりの新しい重心の”ポジション”も見つけた
収穫アリアリで、脚はバテバテ・ガクガク
fc2blog_20170118170201edf.jpg
食堂に戻って、いつまでもグ~タラしてる他3人を引っ張り出し


ちょっと滑るもたいしてヤル気ナシ

またワタシ一人、パウダー三昧。
何年振りだろ・・・足ガクガクになるほど滑ったの


カンちゃん、こんどは山の下にある電車の車両の休憩所で

またグ~スカ寝てる
どんだけ寝るん!!??

あとから考えれば、この時から風邪の症状が出ていて、
本能的に回復につとめていたと思われる
彼は、そんな野生のカンみたいなモンを持ってる気がする



ワタシは滑りまくって大満足体冷えまくり
子供たちは、ちっともヤル気なし。明日が思い遣られる・・・と、ログハウスに。

暖かい部屋でマッタリ
ログハウスって、あったかい気持ちになりますねぇ


外の寒さはハンパなく

つららが朝より伸びてます
こんなデカイつららは、千葉じゃできない。


晩飯は、各自好きなものを買ってきた。
カンタは、いつも通りの食欲ながら、なんだかぼんやり・・・

体が熱い。
体温計が無いからわからないが、38度とかありそうなホカホカ

この土・日も千葉は極寒で、野球の練習の時にすでに風邪気味だったようだが、
ココで本格的に発症したか・・・

まぁ、風邪気味の子供を-10℃に連れ出せば・・・
知らなかったとはいえ、すまぬ。
まぁ、知ってても行ったかな



早めに床に入る
「オイコラ!明日までに治さねぇと、明日遊べねぇぞ!」
「何とかしろ!」「今すぐ寝ろ!」「明日も遊ぶんだぞ!」と、寝かし・・・

ログハウスの天井を眺め・・・
「あ~~こんなおウチ、夢があっていいなぁ~・・・」なんて

明日は、カンタが回復しなかったら、やること無ぇな・・・・
温泉もダメかな・・・何して遊ぼうかな・・・・


そんな極寒の、バタバタ1日目は終了。

カンちゃんの運命や・・・いかに!!!?

後編へ・・・




SURF&SNOW | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/01/18 18:13

その2・スキー合宿(?)

前回からのつづき・・・


晩飯を食ったら、部屋で大暴れTime

雪不足のためか、ロッジの宿泊者もあまりいないようで、
ウチの家族は4人なのに、すげぇ広い部屋にしてくれた



座布団で暴れる暴れる

マクラ投げならぬ、座布団投げ



押入れを見つけました
彼らもやっぱり「ドラえもん」世代

時代を越えて~親から子へ・・・
声優が変わっていても、やっぱドラえもんを見てれば
押入れに入るは必然・・・


なんとも楽しそうです

親は親で、酒を飲みながら野球談議・・・
女子(?)は女子で、なにやら盛り上がってるし
子供達のハッチャケも、どんどんエスカレート


さながら学生時代の修学旅行の夜



そんな夜は更けてゆき


寝てても前日やった”ピキ”の腰が痛くて
明るくなる前からモゾモゾとイマイチ眠れなかったが・・・

山のむこうから日が昇る。
2日目はイイお天気

ワタシの腰は何とかもう1日持ちそうだ・・・
(ちょっと痛いけど



朝っぱらから、子供たちはテンションMAXで暴れまわる

狭っ苦しい自宅マンションの部屋と大違いだしね



布団をたたんだ先から・・・・

もうたたむのヤメよ・・・ってなもんで



夜に、多くはないが少し積雪があった。

車にちょっと積もってる
フカフカとは言わないまでも、こりゃプチパウダーか~~!?



晴れたり曇ったりだが、気温はけっこう低く、氷点下か・・・?

夜の雪のおかげもあって、本来の戸隠の雪質っぽく
握っても玉になりにくい、サラサラの乾いた雪



イイ雪質とイイお天気で、子供らのテンションも上がり、

「もっと滑る~~!」の大合唱



初日は、どんより天気と、「早くお部屋で騒ぎたい」ってのもあって
そうそうに撤退したが・・・
(リフト1日券買ったのに、ヨメ・子供らは1本しか滑らなかった


2日目は別人のように一生懸命滑ってた
同年代のお友達がいるのも、イイ刺激になってたハズ

本数は少なくとも、ヤツらには内容の濃い半日になっただろう




いつもリフトの上から、動物の足跡を探すが・・・

カンタは新雪の積もった所に「動物の足跡」を作成

何の足跡(?)ですかね

新雪にダイブして、「ヒト型!」も伝授しておきました



お昼は、お世話になったロッジで・・・
やっぱ、シメはコレでしょ~

ココはソバの原料から自分の畑で収穫して、打ってるそうで
もちろん、絶品なわけで

雪が少なく、滑れるコースは限られてた今回のスキーだが、
この蕎麦が食えたから、全てOK!!

千葉にいたら、なかなか食えません



カンタは、ワタシらが荷物をまとめてる間に勝手にハンバーグカレーを注文して、
(「息子さんに、ハンバーグカレーを注文されましたけど作っていいのか?」と電話がかかって来た

ペロっとたいらげ、たて続けに蕎麦を注文。

やっぱ蕎麦好きカンちゃん。ツゥです。
って、小1で食い過ぎだろ・・・



ヒヨリさんは”女子”らしく、カレーもそこそこに・・・

デザートはパンケーキ。
シンプルながら、イイにおいのパンケーキ

まぁ、姉弟で違うこと・・・・



食後は、おもむろに席を立ち・・・

厨房に顔を出して、「すみませーん。そふとくりーむ。こーん入りおねがいします」と
一人で注文に行きました・・・(前日もやって、味をシメたカンタ

やったことも、教えたことも無いのに、一人でオバちゃんに
ちゃんと敬語で、しっかり注文出来た事にちょっと感心しました

ただその前に注文してイイのか、親に了解を得るのを怠っている気はしますが・・・



「パパ・ママにつまみ食いされるから」と、一人離れて食ってます

「食」に関するIQは高いです

また、このソフトクリームが美味しいからね


そんなドタバタと騒がしく、ご迷惑をかけたような気もしますが・・・
スキー場を後にし・・・



途中、タマタマ寄ったパーキングで、

思いがけずキレイな夕陽に出会い

今回のスキーツアー終了



自分の家族だけ4人で行くスキーとは、ちょっと違う修学旅行っぽさと、
雪は少ないながらも、2日目はかなりイイコンディションだったのもあって、
(腰はイタイが・・・)とっても楽しいツアーになりました


これからの積雪に期待します



SURF&SNOW | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/01/14 17:20
 | HOME | Next »