FC2ブログ

登山靴を起動する”儀式”

ハイテク素材がふんだんに用意されている現代で、
あえて昔ながらの、革製の登山靴を飼う(買う)というのは、
変わってるのかもしれませんが


もともと古臭いものにグッとくる。
革製品が好き。
気に入ったモノを、手入れしながら長く使うのが結構好き・・・
ハイテクは否定しないが、ローテクにロマンを感じる・・・
そんなワタシの性質からして
革の登山靴は、ド正解なハズ



ということで、昨日のつづき・・・
登山靴を引き取りに行き、見とれている間も無く・・・

合わせて買ってきた、防水WAXを塗りこむ作業に入る。

裏出し(スエードっぽい)の革は、「オシャレだから」というわけでなく、
WAXがよく染み込むように、あえてこういう革にしているとか。

よって防水WAXを塗り込んだら、全く違う質感になるので、
”オシャレ感”は消え去り、武骨な男っぽい表情になる
その辺も、さんざんネットで調査済



「2度塗り」を薦めていたので、手始めに薄めに全体塗ってみた
もう、色も質感も全く変わる。

どの程度の量を塗り込めばいいのか・・・・
説明も聞いたし、書いた紙ももらってきたが、
実際のところ手さぐり・・・




ネットで検索すると、茶色な人・・・こげ茶な人・・・
黒っぽくなってる人・・・コッテコテに黒光りするほど塗ってる人・・・

イロイロいるが、どの辺が”正解”なのか・・・



両足とも、一度塗り。

ムラもあるし、2度目でもう少し多目に塗り込むか・・・



2度目をしっかりめに塗り込んで・・・
だいぶしっとりしたコゲ茶色。

WAXもけっこう使ったな。ほかの人はもっと使うのかも・・・?

あ~~何時間やってたかな
楽しいからイイんだけど



防水WAXてことは・・・
雨や湿り雪で、水がしみてくるこの

10年以上使ってる、革製のスキーグローブも
塗っておけば、グローブちゃん喜ぶかも~



一晩乾かし、翌朝・・・

パジャマ姿のままブラッシング開始~

固めのブラシで、ガシガシとブラッシング
ブラシと言っても、亀の子タワシです


靴屋さんも、「亀の子タワシでいいから。」と、
「ブラシも買え」と言わない商売っ気の無さなんかも
職人っぽくて信頼できる



(左)ブラッシング終了。
ツヤが出た

でも、ネットに出てた写真なんかと比べると、ツヤが足りないな・・・
まだ塗り込み不足かな・・・・?


まぁ、とりあえずコレで行ってみる。

両足ブラッシング終了
買ってきた時とは、全く違う顔になった



さっそく”慣らし”に、履いてお買い物へ・・・

ショッピングモールのトイレの鏡で

う~んカッコイイ
スソをまくってるのは、見せびらかしたいから

ただ、お買い物にはオーバースペックです



学校・幼稚園が終わった子供達を連れて公園へ

意味も無く階段を上る(80段以上あった)

むむむ・・・やはり・・・
靴が重い


まぁ、普通の登山靴でも軽くはないだろうし。
登山靴を初めて履くワタシには、比べようもないのでヨシとしよう



急勾配のアスレチックを駆け上がる

靴のカッチリ感が、とても安心感アリ

普段26.5㎝のワタシが27㎝を履いているが、
紐を教えてもらった通り、キッチリ締めれば
そうブカブカするでもない。


なんといっても、こんな(写真ではわかりづらいが)急斜面の下り道

ガンガン下っても、つま先が当たらない
大きいハズの靴なのに、中で足が動くようなことも無い

こりゃ~下りがラクだわ~



と、1日遊びで履いてる間にも、
油が染み込んだのか、乾いた感じになってきたので、

帰宅後、汚れを落とし3度目のWAX塗り。
今朝ブラッシングして、お日様の下でパチリ

嬉しいと写真が増えます

だいぶイイ色になってんじゃないかな・・・



まぁ、様子見ながらやっていきます
これから長い付き合いになるハズですから





スポンサーサイト



キャンプ・登山・アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/02/11 20:11
コメント

管理者のみに表示