fc2ブログ

ちょいと”慣らし”登山で筑波山

昨日・月曜日。
前日かなりの雨だったのが上がってくれた

先月、コダワリの登山靴が出来上がったところから、
早く”慣らし”を兼ねて、山に登りたかった

一応、普段自転車で通勤(4~5分)のところ、
毎日登山靴で徒歩通勤(5~7分)して、慣らしておいた。

普段履きしてて、特に痛いとか、当たるとかも無い
実際の登山で、どうなるか・・・

ナヨっちいトレッキングシューズから、
イキナリ重量があり、固い革の登山靴にするのを
靴屋さんも心配してくれていたが・・・




通勤渋滞もイヤだし、高速代がバカらしいので、
陽も昇らぬ朝5時前に出発下道トコトコ2時間弱

空の色が変わっていくのを眺めながら

この日の目的地筑波山が見えた
う~む・・・セメント屋さんが無ければ・・・



筑波山は標高877メートル。
それほど高くないので、歩いても1時間半ほど。
ロープウエイ、ケーブルカーでも頂上に行ける。
fc2blog_20150303092237246a.jpg
コースはいくつかあるが、コレが一番ありがちなパターンでしょうね。



車を置いて、まずデンと構える筑波山神社でお参りを澄ませ

なかなかカッコイイ佇まい


AM7:30。神社横の鳥居をくぐって、登山スタート。

ゴロー S-8デビュ~
今日はオマエのために来た頼むぜ相棒



この日は天気は良いが、かなりの強風

でも、ずっとこんな森林の中を進むので、風は遮られ
静か~な感じ。朝早いのもあって登山者もあまりいない。


前日の雨で、水たまり、ぬかるみも多い。

さっそく登山靴の防水性を発揮できるってモンだ。
ドンとこ~い



登山道は、あまり変化の無い
ゴツゴツした岩の多い森林をただモクモクと歩く。
意外に急で、ラクじゃない

途中、水が湧いてた。
とってもクリア~な水。美味しい

「飲めば~」とか、「おいしいよ」とか書いとけばイイのにね



そんなで、1時間半ほどでしょうか。

まずは男体山(871m)に到着。

筑波山は、ラクダみたいに「男体山」「女体山」の2つのピークが並んだ山。
頂上は「女体山」の方



わりと殺風景な「男体山」。
まぁ、一応行っとくか~くらいのモンですが

ちょっとモヤってますが、富士山がみえますね(ちょうど中央あたり)
カメラがショボイので写りがダメですが。

拡大すると

ちゃんとある
肉眼だと、もうちょっとハッキリ見えました。


だ~れもいないお幸ヶ原。
ケーブルカーの発着や、お土産やさんなどが並びますが・・・
お店も全部閉まってます

まぁ、この時点でまだAM9時過ぎ・・・
まだ誰も・・・店の人も来ないわな・・・


そんなお幸ヶ原を横切って、続けて女体山へ~

ほ~これが「ガマ石」ね。
「カエル」と言われれば、そう見える

口に石を投げ込んで、乗っかったらイイことあるみたい
ワタシが投げた石は見事に乗っかり
誰かが投げたであろう石が、代りに落ちてきました

今年は、他人を蹴散らして”イイコト”にありつく感じなんですかね



そんで、ココが「女体山」
筑波山の頂上877m(バナナだそうだ)
fc2blog_201503030920255cb.jpg
ここに立ちたかった~
この後ろは崖で、オチたらたぶん死にます

日本百名山、3座目(富士山、北岳、筑波山)
標高で百名山中、1位→2位と行って、コレが100位。

つまり、「一番低い」百名山!登頂成功~


眺めは最高~
南~西側を見れば、ノペ~っと関東平野
見下ろせば、出発地点の赤い鳥居が小さ~~く見える

たった2時間ほどだけど、けっこう歩いて来たんだな~と。


北側を見れば、山々が並ぶ

何山だかわからんが、イイ眺めだ


”相棒”登山靴ちゃんも、景色と一緒に~

イイ感じに汚れてますな
帰ったら洗ってやっからな~

やっぱ、自分の気に入った道具で何かするてのは、
ささいなことでも「特別なこと」になるんだよね
それだけでも、わざわざ時代遅れな革製登山靴を買った甲斐があった


なんてことをやってますが、頂上はそれまでの森林でなく
吹きっさらしの岩の上ですので~

ワタシのクルクルパーマがブッ飛ぶ強風が吹き荒れ~
寒いわコワイわ・・・

ヨロついて落っこちてもいけませんので


サクサクと下山します。行きとは違うルートで。

イキナリのクサリ場
けっこう急な岩場です。所々凍ってたり、雪がカチカチになってたり・・・

いや、筑波山ナメてました
難しいわけじゃないが、この時期ってのもあって、
用心しないと大怪我です



帰り道は、イロイロな言い伝えのある奇岩があって
見どころのあるルート

こんなのや・・・

母の胎内潜り

一応、もぐっておきました
生まれ変わったかもしれません


「弁慶七戻り」

「弁慶がビビった」って言い伝えだね。
オレはビビらねぇ

上を見上げると

やっぱ、すげぇな。よく落ちないモンだ


そんなのを見ながら、1時間ちょっとで下山。



無事、筑波山神社に戻ったところで・・・
ちょっと前にウチのお客さんに聞いて興味がわいた
「御朱印」

御朱印帳を見せてもらったら、なんかカッコよくて~
買っちゃったりして~

後ろには葵の御紋

「おお!水戸黄門やんけ~~!!」って、ミーハーぶり。


300円収めると書いてもらえます

すっっっっげぇカックイイ
これはハマるかも
また今度、どこかにもらいに行きたいな


駐車料金をポストに入れて・・・

日本人っていいね。
こんなで、ちゃんとみんな払うんだろうから


ゴローちゃんも、ドロドロになりました

心配した靴擦れは全く無し
靴の固さも重さも、全く違和感なく、
それよりも、初めて履く「登山靴」の
山での安定感、安心感がよくわかった

はやくもサイコーの”相棒”になってくれたかんじのエスハチ君
みっちり手入れしてやるからな~


駐車場から振り向くと、さっき居た「男体山」が~
けっこうな距離に見えるけど・・・

アサメシマエならぬ、ヒルメシマエに行って戻ってきた。

人間の歩く力もたいしたモンだな。


標高の割に登りごたえがあった筑波山。
御朱印のお土産(?)付きで、充実した1日でした

お山に感謝





スポンサーサイト



キャンプ・登山・アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/03/03 14:19
コメント

管理者のみに表示