fc2ブログ

ザックが来た!

ワタシの登山に使ってるザック。
おととしの富士山

去年の北岳

今年の筑波山や、鍋割山・塔ノ岳と、活躍してくれたが、

容量が22Lと小さ目。
日帰りでも30Lくらいが欲しいし、憧れのテント泊をするなら60Lくらいか・・・


ということで、新しいザックを買おうと決め、

5月に注文した、登山用のザックが
先週ようやく届きました

注文した時点で「7週間待ち」ということでしたが、
8週間かかりました

スッゴイ軽いです
大型ザックなのに、こんなクルクルっと小っちゃくなっちゃうなんて・・・

もちろん、それもこのザックの”売り”です



実はコレを買う前、迷ってた時・・・
フリマアプリ「メルカリ」で、激安な値段で出てたので衝動買いした
fc2blog_20150703125534fe5.jpg
60Lの登山用ザック。新品

「ラッキ~!安く手に入ったぜ~」とウカれてたら、
なんとコレ「女性用」モデル(普通に背負えたから使おうかとも思ったけど)
即ヤフオクで転売
ちょっと儲かっちゃったりして・・・

これは、ザック自体の重さが2.5kgくらいある。
まぁ大型ザックだから、普通といえば普通。
機能、利便性など、至れり尽くせりだし。




ワタシのは530g
圧倒的軽さを武器にする、「UL系」(ウルトラライト)なタイプ。

伸ばすと、ずだ袋みたいな感じ。
シンプル極まりない

そんな潔さも、魅力と言えば魅力か。



そんなシンプルな袋の後ろに
ショルダーハーネスが着いて、リュックサックになってる。
ってな、カンタンな構造。

肩のハーネスなんかも、わりとカンタンな感じで、
「コレでだいじょうぶかいな?」と思わなくもない


大型のザックだと特に重要になるハズの、ウエストのベルトも無い。

しっかりしたウエストのベルトがあれば、重さを分散して
思ったよりも重さを感じなくてビックリした経験もあるが・・・

それが無くとも、うまくバランスさせると軽く背負えるらしい
(たぶんパッキングなど工夫は必要)


ワタシはショップでガッチリしたザックを試した時、
ウエストベルトの効果に感動した人なのですが・・・
無くてもイイというなら、ジャマだし、それに越したことはない
その辺も、試してみないとわからないが。



生地も薄いが、何やらハイテクな素材らしく、薄いのに丈夫らしい。
ヨメが「しま○ら」に売ってそうな生地だね。なんて失礼なことを言ってたが
わかる気もする

OGAWANDというメーカー。
普通に売ってるような有名メーカーでなく、
ガレージメーカーなんて言うようですが、
山好きおにーさんが、好きなように作った!的な商品ですかね。

たまたま新聞読んでたら、ココの記事をみつけ、
面白そうだから買ってみた




届いた状態で、45Lくらいの設定になってるとのこと。
座布団とか詰め込んで背負ってみた。

けっこうデカイ。入りそうだな
まだ上の口の部分余ってるので、もうちょっとタテに伸びる。

これだけあれば、テントや寝袋を詰め込んで
テント泊や数日の縦走も可能

最大50Lとのことだが、もっと入りそうな気も。


そして、このザックの最大の特徴。
容量が「可変」ってこと。


留め具や、ハーネスの位置を変えて、
余った口の部分は、クルクル巻いて巻いて止めちゃえば・・・

これが最少の設定で25Lですかね。

日帰りや、ハイキングなんかは、このくらいだろうな。


なんか、トンチが効いてて、好きだな~こういうの


シンプルゆえに、イイところ・悪い所もありそうだが、
シンプルだからこそ、工夫次第ってことだろう。

パッキングやフィッティングにも、コツがあるらしいので、
これから試しながら探らなくてはいけませんね。



早く使ってみたいな



スポンサーサイト



キャンプ・登山・アウトドア | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/07/08 14:18
コメント

管理者のみに表示