fc2ブログ

突然変異?メダカ界のフシギちゃん

この春に、ウチのスイレン鉢で産まれたタマゴから
孵ったメダカの稚魚達が、数十匹います。

その中に、一匹だけ・・・

おかしなのがいます

まん丸おなかの、ヘンなメダカ。
ちなみに、一緒に写ってる”普通の”メダカは同期生。

一匹だけデカイし、何より、そのおなかは・・・?



横から見ると、さらに迫力のおなか
比較のため指も写ってます。

言い方悪いが、「奇形」ということなのか・・・?

ウーパールーパーのエサ用に・・・と、メダカを飼いはじめて7~8年(?)
親→タマゴ→稚魚→親→・・・と、何年もやってるが、
こんな個体は初めて



今まで産まれて孵った稚魚は数百、数千・・・と見たが・・・

数千、数万匹に一匹(?)の希少メダカが出たか!!??


いつもメダカは、店先や庭に置きっ放しで、
真冬は表面が凍ったりしながらも、ヘーキで生きてるんですが・・・



この”希少ちゃん”だけは、カワイイし、経過を見守りたいので

室内で飼育することに。
テキトーに選んだ普通メダカのお友達3匹と、凍ることの無い店内で。


このカワリモノ・・・
どう成長するのか・・・




スポンサーサイト



いきもの | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/04 19:49
コメント

管理者のみに表示