fc2ブログ

解体しなきゃ気づかなかったこと

おんぼろソファーの解体に着手

前々から、このボロいソファー何とかしないと…
でも捨てちゃうのも、本体はボロだけど、革はいい革使ってるし~

捨てるなら革を剥いでからだな~いつか…なんて
思っていたんです


そのいつか…が来ました
解体を始めますこれも新たなDIY(?)です

まずは底が一番手薄なんで。壊しやすいと思われる

ここから、思った以上に大変な作業でした…




まず、底を塞いでる薄い布をナイフで切ったら~
あっさりと中身が見えた案外カンタンな作り…

折れたり外れたりした、座面のバネが無残に垂れ下がる
そして、何故かおびただしい量の木クズ??
なんなんだ?この木を細か~く削った後のような粉っぽい木クズは…?



粉っぽくて、埃っぽくて、こんなん部屋の中でやることじゃないんですが…

ウチはマンションなんで…
ここでやるしかありません…



いたるところに木クズが溜まっています…

いったい何なんでしょう??
いくら上で子供らが飛び跳ねたところで、こんな木の削れ方しないだろ…?



謎が深まりつつ…
表面の革を剥いでいく

バラバラにして、使えるモンは取って
残りの木と鉄をゴミ袋に入るよう刻んで
「可燃物」「不燃物」で捨てる。ってのが計画



剥がして木の枠を再利用して、手作りソファーや、棚に作り替える案もあったが~

木にスポンジがベッタリくっついていて、再利用はムリですね。



革を剥いで、スポンジを切り刻み
ベリベリと剥がすと

表側からもバネが見えた。
コイツはキレイに外して不燃物だ。



背もたれも解体~
背もたれはいったいどうなっているのか…?



スポンジを剥がすと、中は幅広のゴムベルトのようなもの。
これで背もたれのクッション性があるってことか。
なるほどね



ここまで2時間ほどかかったでしょうか…
だんだん飽きてきた…

こんなことになっちゃって…
収拾つくんかいな…?と不安にもなってきた



そんなで、子供達も学校から帰って来る時間…

息抜きに、ショッピングモールへ。
無駄にクソ高い「ポケモンのタピオカ」を買わされた…
1コ約600円…2人分で1200円!
マジか!?



帰ってきて、解体作業再開
背もたれを解体し、上から腰の部分まで解体すると

今までの“謎”が解けた
解体開始から、終始パラパラ…ブファ~…っと舞う大量の木クズ



なんと!!!!!
フレームの木が虫食ってる!!!!!
しかも!半端でない食いっぷり!!!!

おそろしや…おそろしや…
ウチは鉄筋コンクリートのマンション。
まさかウチに来てから虫が住み着いたとも考えにくい…



もう、原形をとどめない…
手で触っただけでボロボロ…と崩れる…
もし家だったら、崩壊してるレベル
どうやら、“犯人”の虫はすでにいないようだ…

部屋にへんな虫が歩いてた…なんて記憶も無い…
まさかこの虫食った状態で、この家具を作ったわけではないだろうし…

虫が住み着いてた木材で、このソファーを作り、
ワタシが買って15年以上の歳月、このソファーの中で繁殖・繁栄し、
このソファーをむしばみ続け…そして絶滅したのか…?

なんか、小動物から恐竜に進化して、隕石がぶつかって
恐竜が絶滅…みたいな…

ひとつの生態系が誕生・繁栄~絶滅…が
我が家のソファーの中で起きていたと…??




おのれA(ピーーー)S!オレに虫入りのソファーなんぞ二十数万円で売りつけやがって
合わせて買ったTV台もクソ高いのに、すぐ壊れたし
もう「このソファー高かったのに…」なんて、感傷に浸ることも無く~

容赦なくぶった切れます
こんなモンに大金払ったワタシが若かった…
ノコギリで持ち運べるサイズに~



とりあえず、持ち出せる大きさに切って、
あとは外でやるとして~

大量のスポンジと、大きな木材片、少しの鉄…
木はキャンプのたき火に使えるかなぁ~…




中身はヘナチョコなソファーでしたが、
ココの家具は外ヅラだけは立派なんで~

いい革です
気が向いたらこれ使って何か作ろ


と、いうことで。
今回のことは、新しいソファーを買って、古いのは引き取ってもらって…
という、アタリマエの工程だったら、気づかずに済んだでしょう

革を剥いで取っておく…ってワタシの極度のビンボー性のおかげで
大事なことに気づかせてもらいました


人間も、家具も、中身が大事

高い金払った=「イイもの」
オシャレでイケてるお店=「イイもの」ではない!

大事なのは中身!スピリット!(精神)、ホネグミ!虫がいないか確認!!

そゆこと。




スポンサーサイト



D.I.Y! | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/12/06 16:44
コメント

管理者のみに表示